TOPmaking

ゴミ取りと髪型

Back PageMaking ListNext Page

ファイル 240-1.jpg

パソコン上でゴミを消したり、線を書き直します。
今回、初めてsaiで作業をしました。

saiは、傾け、左右反転がスムーズで、線もシャギーが目立ちにくくしかもPhotoshop形式のファイルがストレスなく開けるので、
イラストを描くのに特化しているソフトだと思います。(有料ソフト5250円、体験版もあります。)

saiにはペン入れツールと言うものがありますが、今回は普通に「鉛筆ツール」を使います。
元絵に直接書き込んで主線を書き直しゴミを取り除きました。

左右反転させて髪の毛のバランスを整え、気になるゴミは白で塗りつぶし、
余計な線を削り全体の線を整理します。
驚きの荒い状態ですが、主線の調整はここで終わります。

次は色を塗ります。
今回は、線画の透明化など繊細なことは一切しません。
このまま上にレイヤを作って塗ります。

Pixiaでぐりぐり描いてるとタブレットのドライバが落ちる・・・
3回目 どういうことなんだ


そんなわけで、今回はPixiaとsaiとPhotoshopを行ったり来たりです。
Photoshopは主に色調整、Pixiaはなじませる時とグラデーションを付けたいとき、
saiは大きく書き直すときにメインで使用しました。

Back PageMaking ListNext Page

完成予定図 | 下書き | 主線調整 | ゴミ取り | 下塗り | ハイライトと影 | 色の調整 | いろいろ変更 | | | 塗る | 背景の透明化 | 防具 | 凹凸調整 | 塗り残し確認 | 背景 | 手の修正 | 修正書き直し | 細部の書き込み | さらに書き込み | 背景との調整 | 武器 | 方向修正 | 防具2 | | ヒモ | 背景調整 | 彩度調整 | 濃淡調整 | 背景となじませる | 微調整 | 出来上がり