TOPmaking

スプライトを上下に移動させます。
まずは出来上がったスプライトを
ダブルクリックで右パネルに二つ登録します。

ファイル 185-1.gif

18枚のパラパラのスプライトなので、今は単純に18フレーム使用したスプライトです。
(フレームって何?!→フレームとは・・・使用しているシーンの数です。
フレーム数をたくさん使うと滑らかな動きになります。
普通にダブルクリックで登録すると、1フレームとして登録されます。)

ですがよく見ると、右パネルのフレームのカウントが[1]になっていて、
これでは1フレーム分の無限ループになってしまいます。
フレーム右パネルのスプライトを[右クリック]→[プロパティ]で、18フレームに修正します。

ファイル 185-2.gif

今回は、開始位置はそのまま、終了位置は[x:0][y:60]にしました。
18フレームを使って、ゆっくり60まで下がるという設定です。

このままでは下がって急に上に上がるループになってしまうので、
もう一つのスプライトは開始位置が[x:0][y:60]、終了位置が[x:0][y:0]に変更します。
逆に下から上に上がっていく設定です。

これで回りながら上下するハートが出来上がりました。

おまけで、速度変更のバーをそれぞれ左寄り、右寄りに変更すると弾むように落ちる速度が変化します。

これで基本、フラッシュ作成終了です!
完成したフラッシュファイルを作成するには[ファイル]→[SWFファイルの生成]です。
(フラッシュファイルとして出力したものは編集しなおすことが出来ないので、[名前をつけて保存]で編集ファイルの.pflファイルの保存も忘れずに!)


今まで使用したパーツはこちら。練習したい方はどうぞ

はじめに。  手書き  補正  コピー  型完成  塗り  ファイル作成 | 起動  スプライト  完成

Back Page Making List Next Page