TOPmaking


個人的にPixiaでよく使う基本操作の紹介です。

(こちらの画面は、ver4以前のものです。
基本的な動作はあまりかわりがありませんが、
ボタン位置が変更になっているので、ver5以降はこちらをご覧ください。)

→A)t値の変更

tのとなりのグラデーションをクリックすると
変更できます。
t値を下げると、濃度が薄くなります。

半透明のように塗りたい時、フィルタを少しだけ適用したい時などに重宝します。

(となりにあるd値は、粗さです。 ざらざらさせたいときにいいかも?)

→B)ペンの切り替え
初起動した時は自作ペンは見えません。
この部分をクリックすると、ダウンロードした
ペンデータや自作ペンの登録が出来ます。

関連項目・ペンデータのダウンロードはこちら

→C)レイヤの作成方法・透明部分の保護

レイヤの作成方法
[編集]をクリック→[追加]で[OK]を押すだけ。
これで新しいレイヤが作成されました。
ファイル 173-2.gif

ファイル 173-1.gif

レイヤは慣れるまでが大変だと思いますが、使えるとかなり便利ですのでオススメ!
・主線を消さずに上から色を塗れる ・表示/非表示を切り替えて比較できる
・ハイライト/乗算/オーバーレイなど重ね方がたくさんあるので、いろいろな効果が簡単に出せる。など利点がたくさんです。

レイヤの考え方はこちらのページで。

透明部分の保護
近くにある赤いT字部分をクリックすると、透明部分に色が塗れなくなります。
マスク機能を使わなくてもはみ出したくない時は「塗りたい箇所にベースの色」だけきれいに塗って、
ここを押して塗るとはみ出さずに塗ることが出来て便利です。
参考・作例


→D)レイヤの合成方法・濃度の変更

LAYER1や、LAYER0など、レイヤの名前をクリックすると合成方法を変更できます。
また、レイヤの名前変更やレイヤの表示濃度の変更も出来ます。

レイヤの選択は右のサムネイル(画面の縮小表示)をクリックします。
赤枠がついているレイヤが現在選択されているレイヤです。

ファイル 173-3.gif
レイヤの名前は特に変える必要はありませんが、
変更しておくとレイヤの枚数が多くなった時に分かりやすくて便利です。


→スムーズズーム

この画面にはプレビューがありませんが、上のツールバー【画像】→【スムーズズーム】を選択すると、
画面をズームして塗ることができます。
ただ拡大して塗るより、細かい作業が可能なので、細部を塗るときによく使います。
保存するときは、スムーズズームを解除する必要があるので、
こまめに解除して保存することをおすすめします。


→トーンフィルタ

同じく、画面にプレビューはありませんが、ツールアイコンの真っ黒なボタンです。
表示されていないときは、【ファイル】→【ツールバーのカスタマイズ】で表示させてください。
考え方や、使い方はこちらのページで詳しく解説しました。


Making List