TOPmaking

マスク編

初心者向けマスク説明。
わかりやすくいけたらいいな、と思います。使用ソフトはPixiaです。
例に目を描いていこうと思います。

描く前にマスクの説明を簡単にします。 例えば、紙に絵を描くとします。
でも一箇所だけ色を塗りたくない時にはどうしますか?
はみ出さないように気をつけて塗る、という手もありますが、
ちょっと面倒ですよね。

そういう時に、その場所にだけテープを張って、ざっと塗り、
あとでテープをはがすとそこだけ色が塗られません。

そういうことです。

マスクするというのは、その部分に色がのらないようにすること、です。

ファイル 162-1.jpg
丁度↑こんな感じですね。

ファイル 162-2.jpg
下絵を描きます。今回はきっちりした線でなく、ラフから。
白目の部分をマスクしたいと思います。

ファイル 162-3.gif
マスクする前に、右のほうにある[編集]ボタン→[追加]で、新規レイヤを追加します。
このレイヤで色塗りを行います。

白を選択、塗りつぶし。

[layer1]と赤くなっている部分をクリックして、[合成方法]→[乗算]にします。
ファイル 162-4.gif

白目の部分を一気にマスクするには、その部分を選択する必要があります。ので、
ファイル 162-5.jpg
ファイル 162-6.gif[多角形選択ツール]でこつこつ選択。
もしアニメ塗りのようにきっちり線を描いてあれば、
ファイル 162-7.gif[閉領域選択]で一発ですが・・。

そして、白以外の色で塗りつぶします。ここで白以外の色にしたのは、他の部分との区別をする為です。
(ここからは機械的に言うとおリやってみましょう☆)

ファイル 162-8.gifファイル 162-9.gif
そしてそのまま『画像』と表示されている所をクリックして『マスク』に。
するとこんな色になりますが・・

パニックにならずに!白色を選択して、流しこみ!(塗りつぶし)
ファイル 162-10.gifファイル 162-8.gif

すると・・こんな色になりますがパニックにならずに!
落ち着きを払って、さっき『マスク』にしたところを『画像』に戻します。

すると画面が元に戻ったと思います。

これで白目にマスクがかかっています!色を塗ってみましょう!
その前に、領域を解除するのをお忘れなく!

複数箇所にマスクをする場合は、次のページへ。

Back Page Making List Next Page