TOPmaking

●綺麗に円を線で書く方法。

[領域-[円]]で、右クリック→[線]で書ける円はぎざぎざしてしまう・・・
もっと綺麗にかけないかな?という人のために。
(pixiaでなくても大丈夫です。)

○ぼかし・明るさとコントラスト・差の絶対値がポイント。

まず画像を用意します。
(Pixiaできれいに円を描くには、補助設定でアンチエイリアスにチェックが入っていることが前提です。)
ファイル 143-1.jpg

それではひとまず円を描きます。
周りのぎざぎざが気になるよー! という方は、[フィルタ]で少し[ぼかし]をかけ、
[明るさとコントラスト]で[明るさ]をマイナスに、[コントラスト]をプラスに持っていくと綺麗になります。

ちょっとコツがいるけど、ぼかしの加減は「ギザギザが気にならなくなる」くらいです。

ファイル 143-2.jpg

↑これが元画像。
元画像に[フィルタ]で[ぼかし]をかけます。
[程度]は[2]くらいで、二回かけました。
この画像を二枚、新しいレイヤに[複写]します。
一番下のレイヤの合成方法はそのまま、二番目は[差の絶対値]、三番目は[乗算]です。

この状態だと重ねた状態ではは真っ黒になると思います。
では、いきます!

ファイル 143-3.jpg

ではまず、[明るさとコントラスト]で一番下の画像をいじります。

[明るさ]はプラス、[コントラスト]もプラスにします。
気持ち円が小さくなります。
ファイル 143-4.jpg

二枚目の合成方法、[差の絶対値]にした画像をいじります。
はじめにもう少しぼかしをかけておきます。
(ぼかしをかけた程度によって出来上がりの線の太さが決まります!
少しだと細く、たくさんかけると太い線がかけます。
ただ、ぼかしが少しだと出来上がりの線が暗くなってしまうので注意。)

今度は[明るさ]はマイナスに、[コントラスト]はプラスにします。
円が少し大きく見えます。
これで線が見えてきたと思います。
ファイル 143-5.jpg

三枚目の[乗算]にした画像は、ぼかしをほどほどにして、 上の画像と同じように [明るさ]はマイナスに、[コントラスト]はプラスにします。
これで綺麗な線に見えるように調整します。
ファイル 143-6.jpg

三枚の画像を重ねた状態で表示すると、こうなります↑。
綺麗に見えるように何度も調整するとコツがつかめると思います。
円の大きさの順番は、一番下のレイヤ>>乗算のレイヤ>差の絶対値のレイヤになるようにします。)

コントラストをプラスにする作業=縁をはっきりさせる作業、
明るさをプラスする=円を小さくする 明るさをマイナスする=円を大きくする
というふうに考えるといいかも。
ファイル 143-7.jpg

[画像]→[ネガ反転]で、出来上がり!

.pxa 形式で画像をダウンロードする

Back Page